便秘を治してダイエット成功に導く〜溜めない事がダイジ!〜

サプリメント

血栓予防に納豆菌

夕方からの摂取が効果的なのです

血栓を防ぐ効果で知られるナットウキナーゼは、現在様々な健康食品に取り入れられています。脳梗塞や心筋梗塞といった血栓性の病気が気になりだす世代には特にナットウキナーゼを含む健康食品は人気があります。ナットウキナーゼは、特に夕方以降の摂取で血栓予防効果が上昇すると言われています。この時間帯には特に血栓が出来やすいため、転ばぬ先の知恵で使用する方法が推奨されています。ナットウキナーゼを配合した健康食品は、主にサプリメントなどで発売されています。このようなサプリメントは、メーカーごとに独自のこだわりがあることが多いのです。中には血栓溶解効果をより得やすくした商品もあり、食品の納豆よりも効率良く有効成分を摂取出来ます。

飲み合わせに注意が必要となります

ナットウキナーゼの多く含まれる納豆を、抗凝固薬と合わせて摂取することは一般的に避けた方が良いとされています。抗凝固薬服用中に納豆を食べてしまうと、納豆に含まれるビタミンKが抗凝固薬の効果を弱めてしまうため、結果的に血栓予防効果がなくなってしまう訳です。ビタミンKには血液を固める性質があるため、抗凝固薬と逆の作用を持ちます。従って、ナットウキナーゼの含まれる食品やサプリメントを使用する場合には、薬との飲み合わせに注意が必要になります。現在では、このような問題を解決するためにビタミンKを含まないナットウキナーゼの健康食品も登場しています。こういった商品であれば、抗凝固薬の服用中にも一定のメリットは得られます。